DEN blog

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版]
[デンビール入り口] [デンパークマップ]

2004年10月8日(金) 手作りビール

台風22号が接近中。

9月19日の日記で書いた手作りビールを飲んでみました。当たり前かも知れませんが、ほとんど味がありませんでした。でも、自宅で発酵の様子が見られるし、出来上がるまでのワクワク感も楽しめるしで面白い経験でした。もちろんデンビールでもやろうと思えばできることなので、いずれそのうち「自分でビールを造る会」のようなものをやってみようかなと思っています。・・・醸造人

2004年10月10日(日) キンモクセイ

今日は台風一過の秋晴れ、とまではいきませんでしたがまずまずのお天気。

朝目覚めたらキンモクセイの香りがしていました。今年初めてです。愛知県の西三河地方では毎年今頃になると目と鼻を楽しませてくれていますが、この香りをかぐと秋を実感します。
金木犀 (キンモクセイ)のページに語源や名前の由来など詳しい情報がありました。
キンモクセイが咲いていた!のページで、去年はどうだったのだろうと調べてみると、驚いた。10月3日に咲いている。うちのキンモクセイは時計のように正確だ!と書かれていましたが、私の自宅の近くのキンモクセイも毎年かなり正確に同じ日に花を咲かせているようです。偶然なのかそれともキンモクセイの特徴なのか知りたいところです。
10月6日に皇居に参拝してきた人の話では、すでにキンモクセイのよい香りが漂っていたそうです。でも、台風22号の風で今年は花の時期が短くなってしまったかも知れませんね。・・・醸造人

2004年10月13日(水) キンモクセイ、コスモス、オニバス

時々雲がかかるもののよいお天気。風が強いです。

デンパークの園内にもキンモクセイがあります。ふるさと館の裏手です。辺りによい香りを放っています。

デンパーク正門の道を挟んだ向かい側の畑でコスモスがいっぱい花を咲かせています。コスモスをバックに記念写真を撮るのもよいかも知れません。
水のステージ横のオニバスはすっかり終わっており、葉っぱもほとんど無くなっていました。・・・醸造人

2004年10月14日(木) リンゴ、ガマズミ、サンシュユ

今日は朝から雲一つない快晴でした。気温も高すぎず低すぎずで過ごしやすい日でした。

世界の梨園にあるリンゴ‘バレリーナ・ボレロ’が花をつけていました。狂い咲きのようです。

白樺林・ホスタガーデンガマズミが色付いた実をつけています。小さな実がたくさんついていてなかなか面白い雰囲気があります。黄色い実をつけるキミノガマズミもあります。
ガマズミのページで、果実は稔ると甘酸っぱく、果実酒などにも使われる。と書かれています。おいしいのでしょうか。

デンパーク館の裏手にあるサンシュユにも実がついていました。赤くて見た目はおいしそうな実です。サンシュユのページを見ると、秋にはグミのような長さ1.5〜2センチほどの長円形の果実が赤く熟し、味はやや渋みのある甘酸っぱさがあります。と書かれています。でも、同じページで、成熟した果実を熱湯に通して半乾きにしてから果実を抑えて種子を抜き出し、果肉だけにしてから日干しにします。これを生薬(しょうやく)で、山茱萸(さんしゅゆ)といいます。とも書かれています。ということはあまりたくさんは食べない方が良さそうですね。
ところで、サンシュユも果実酒にするようです。サンシュユ酒のページに作り方や味の話など書かれていました。・・・醸造人

2004年10月21日(木) キク、ムラサキシキブ、タッカ・シャントリエリ、タッカ・インテグリフォリア

台風一過の青空でしたが、風が強い日でした。今回の台風23号も大きな被害を残していったようです。金口木舌に、地球温暖化の進行で台風などの被害がさらにひどくなる危険性が高いと、国連が警告している。と書かれていました。

フローラルプレイスの中はすっかり秋景色になっていました。キクの花を中心にムラサキシキブなど秋を代表するいろいろな花や実がみられます。

フローラルプレイスの奥にあるガーデンプレイスではハロウィンをテーマにした飾り付けがされています。そのなかに2004年6月13日の日記でも紹介しましたタッカ・シャントリエリと、その仲間のタッカ・インテグリフォリアという花がありました。色がインテグリフォリアの方が白っぽいということ以外そっくりです。この花、10月になっても咲いていますが、ブラックキャット(タッカ・シャントリエリ)のページに12月まで花がみられると書かれていました。温帯の日本でも暖かい時期はほぼずっと花がみられるということは、本来の生息地では一年中咲いているかも知れませんね。・・・醸造人

2004年10月22日(金) バラ

今日も良いお天気でした。

今デンパークの所々でバラが咲いています。鼻を近づけると良い香りがしています。趣味の園芸テキスト/Shumien News 色鮮やかな秋のバラを愛でてみませんか?のページに、これから寒くなる秋に咲くバラは、春より花の色に深みがあり、香りもよくなるといわれています。と書かれていました。バラの香りを楽しむなら今頃が良いのかもしれませんね。・・・醸造人

2004年10月24日(日) ベニバナトチノキ

今日は曇り空。昨日新潟の方では大地震がありました。一刻も早くライフラインが回復するとよいですね。

デンパーク館と鉄砲山の間の道沿いにベニバナトチノキが数本います。そのうちの一本に一つだけ実がなっていました。先日の台風23号の後で落ちてしまっていたのを植え込みの中を探して拾ってみました。栗に似た色合いでなかなか大きな実でした(栗の実二つ分くらい)
このベニバナトチノキは、開花情報データファイルのページに拠ると、淡紅色の美しい花が咲きますが、ほとんど結実することはありません。まれに成る果実には、親のセイヨウトチノキと同様にトゲがあります。と言うことです。ということは今回拾った実はどちらかと言うと珍しいものなのでしょうか? ただ、この果実にトゲはなく、トチノキの実によく似た外観でした。先ほどのページに、トチノキを台木にして接ぎ木によって苗が作られることから、注意しないと台芽が伸びて先祖帰りをすることがあります。とも書かれていましたが、もしかしてこれが先祖帰りの兆候でしょうか。
ところで、デンパークにはもう一つベニバナトチノキの実があります。こちらはまだ樹にぶら下がっています。この実は人が通る道上に落ちそうなので、すぐに無くなってしまうかもしれませんね。トチノキ族の陰謀トチの実を拾うわけのページを見ると、栃の実には不思議な魔力があるようですから。こちらのサイトではトチノキの話第三弾として、「トチの実を食べるのは誰だ」が掲載されていました。・・・醸造人

2004年10月30日(土) ネリネ

10月最後の週末はあいにくの雨。しばらく前とは異なり、雨が冷たく感じます。外で雨にぬれながら作業をしていたら寒くて風邪を引きそうです。

今フローラルプレイスはキクを中心に秋らしい花が咲いています。どの花のものか分かりませんが、花らしいよい香りが充満しています。そんな中で、ネリネ(Nerine)とかダイヤモンドリリーとか呼ばれている彼岸花の仲間が咲いています。場所は花工房とトーベンおばさんの家の間に通路を背にして並べられています(気をつけていないと見過ごしてしまいそうなところです)
この花は、花びらの光沢が綺麗で不思議な質感を持っています。加茂花菖蒲園のネリネのページにたくさん花の写真がありました。どんな花か興味がある人はご覧になってみては如何でしょうか。ただ、ウェブの写真では本物の質感は伝わってきませんね。「本物を見てみたい」という方は花屋さんに行くか、デンパークに遊びにきてください。・・・醸造人


[先月] [目次] [来月] [最新版] [デンビール入り口] [デンパークマップ]

webeer@kurokuwa-beer.com
Akiary v.0.51