DEN blog

愛知県安城市の地ビール、デンビールの日記です。

安城産業文化公園デンパークで見つけたものをご紹介。ビールのお話も稀に…。

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版]


2010年9月3日(金) アカメガシワの実, ヤマガラ, ウグイスの仲間

まだまだ暑い日が続きそうです。


鉄砲山でアカメガシワの実が熟していました。
実の写真
どういう理由でか分かりませんが、下に落ちている房(?)があります。
写真を撮った時点では黒い実が残っていますが、翌日見てみたら殻だけになっていました。
樹についている実をヒヨドリが食べているのを見ましたが、落ちたものもヒヨちゃんたちが片付けてしまったのでしょうか。

ここ数日時々ヤマガラを見かけます。
キリの実や松の実をつついているのを見ました。

今日は、ウグイスの仲間の鳥を見かけました。
声は出してくれなかったので、種類はよくわかりません。
樹の上方で虫を捕まえていました。
メジロほどではありませんが、緑色がかっていました。
お腹側は黄色がかっていました。
目のところの線ははっきりしていました。
4羽から5羽の集団でした。
以上の特徴と、この時期この辺りで見られるということを考え合わせると多分渡り途中のセンダイムシクイでしょうね。
しばらくゆっくりしていってくれると嬉しいですね。・・・醸造人

2010年9月9日(木) ヤマガラ, シジュウカラ, センダイムシクイ?

今朝は少し涼かったです。昼間はまだまだ暑いです。


今日もヤマガラが来ていました。
鳥の写真
いつものように、3羽か4羽の集団でした。
鉄砲山とホスタガーデンを行ったり来たりしているようでした。

シジュウカラも来ていました。
こちらは久しぶりです。
2羽のカップルでした。
夫婦、恋人、親兄弟、お友達。それとも行きずりの関係でしょうか。
クラブハウスと花木園のあいだを移動していました。

今日は見ませんでしたが、昨日の朝早い時間にセンダイムシクイと思われるウグイスの仲間の鳥が集団でクラブハウス裏手のヒマラヤザクラに来ていました。
この樹、花の時期はメジロやヒヨドリたちでにぎわっていますが、それ以外の時期に鳥が来ているのはほとんど見たことがありません。
もしかしたら、人目のない時間帯にしか利用されない、秘密の食事処なのでないでしょうか。・・・醸造人

2010年9月11日(土) シオン, カツラの葉, ヒガンバナ, バラとハレーシアの実, コサメビタキ

今日もまだまだ暑かったです。


グラスウォークのシオンの花が開き始めました。
花の写真

カツラの葉もたくさん落ち始めています。
例の匂い(2008年11月6日の日記参照)が日に日に強くなってきているような気がします。

白花のヒガンバナも咲いています。
花の写真

花木園では、バラ(Rosa roxburghii)の実がたくさんなっています。
花の写真
中はどうなっているのかちょっと気になります。

ハレーシア ’ロゼア’(Halesia tetraptera 'Rosea')の実も熟してきています。
花の写真

鉄砲山にコサメビタキが来ていました。
山の中の通路を仕切る黒いロープに乗っていました。
口から黒っぽい球体をプッと吐き出していました。
コサメビタキの瞳くらいの大きさで、何かの実のように見えました。
その後白いうんちをぷりっとして、また口から球体を吐き出しました。
図鑑を見ると昆虫しか食べない種類のように書かれていることが多いですし、英名もFlycatcher(飛ぶ虫を捕らえる者)ですが、第4回種子散布研究会要旨のページを見るとアカメガシワの実を食べているとのことです。
虫しか食べないと思っていた私には大発見でした。
目から鱗とはこのことですね。

吐いた後もしばらくロープにとまっていると、ヤマガラが隣に来て木の実をコツコツつつき始めました。
何とも可愛いツーショットでした。

ところで、なぜ口から吐き出していたのか気になるところです。
普段食べつけないものを食べ過ぎて、戻ってきてしまったのでしょうか。
それとも木の実は少ししゃぶってから吐き出すことにしているのでしょうか。・・・醸造人

2010年9月16日(木) 鳥たちがいっぱい

昨日今日と久しぶりの雨。涼しくなりました。


今日はたくさん鳥を見ることができました。
ちょっと珍しい鳥もいましたので、ご紹介します。

先ずはモズ
グラスウォークのハナノキのてっぺんで鳴いていました。
今年初めて聞いた高鳴きです。

カイツブリも久しぶりに姿が見れました。
藤棚のすぐ下に来ていました。
(まだ、ハスがよく茂っているので、ちょっと中に入られるともう見えなくなってしまいます。)

カワセミも来ていました。
嘴が真っ黒でしたので、雄でしょう。

鉄砲山には羽根だけ青くて頭はまだ茶色いオオルリの若鳥が来ていました。
春には雄の成鳥が来ていました。
もしかしたら秋にも来てくれるかもしれませんので、気をつけて見ていたいと思います。

山では他にもセンダイムシクイヤマガラがまだいてくれています。
ヒヨドリもいつものように元気に鳴いています。

コサメビタキは今日はムーンライトウォークにいました。
私の歩く先を樹から樹へしばらく一緒に移動してくれました。
(もちろん、先導してくれているのではなく、逃げていたのでしょう。それとも、私を見物していたのでしょうか。)

デンビールのT氏によると、半場川の対岸でゴイサギの若鳥が集団で飛び回っていたそうです。
今日のような薄暗い日には、昼間も活動的ですね。

お天気が悪く園内が静かだったので、独り花鳥風月を愛でるのに最適の日でした。・・・醸造人

2010年9月20日(月) 仲秋のあかり祭

このところ朝晩はとっても涼しいです。


一昨日から今日まで、デンパークでは、「仲秋のあかり祭」が開催されています。
昨日の日曜日に家族を連れて夜のあかりを見物させてもらいました。
柔らかなあかりがいっぱいで、とても気持ちよかったです。

わが家の長女も携帯電話で、楽しそうにあちらこちら写真を撮っていました。
曰く、「ここって、ちょうど良い加減に非日常があっていいよね。」と言うことです。
同感です。

観月会も開催されていたので、立ち寄ってみました。
あいにく時折雲がかかってしまって、十分な条件ではありませんでしたが、しっかり月を見せていただきました。
月以外にも、アルビレオという星も見せていただきました。
肉眼で見ると一つしか見えないけれど、望遠鏡で見ると隣にもう一つ小さな星が寄り添っているのが分かります。
デンパークのスタッフの方にも詳しい人がいてくださって、いろいろ教えていただきました。
写真でしか見たことがないような大きな望遠鏡を実際に覗くことができたのも楽しかったです(本格的な道具というのは、かっこいいものですね)。・・・醸造人

2010年9月24日(金) ヒガンバナの仲間たち, コムラサキ, キバラヘリカメムシ, メボソムシクイ, コガモ

いきなり涼しくなりました。


グラスウォークでリコリス’フォーン’が薄黄色のきれいな花を咲かせています。
花の写真
一緒に真っ赤なヒガンバナが咲いていてコントラストが面白いです。

ヒガンバナといえば、鉄砲山で咲き始めています。
今なら、地面から莟を出したばかりのものから花が開いたばかりのものまでいろいろな状態の花が見られます。

コムラサキの実も色づいてきています。
実の写真

ホスタガーデンの白いマユミの樹で、キバラヘリカメムシの幼虫を見つけました。
虫の写真
キバラヘリカメムシのページに成虫の写真がありました。
黒いソックスをはいているような白い脚以外は似ていません。

そのホスタガーデンにメボソムシクイと思われる鳥が来ていました。
ウグイスの仲間らしい姿で、モズの高鳴きを連想させるような「ジャジャッ、ジャジャッ」というような声で鳴いていました。
南に帰る前のちょっと立ち寄ってくれたようです。

カルガモもたくさんやってくるようになりました。
その中にコガモが一羽混ざっていました。
ようこそお帰りなさい、ですね。

ヤマガラコサメイビタキは今日も元気に飛び回っていました。・・・醸造人

2010年9月27日(月) ユーカリ?, カンナ, メジロ, シジュウカラ, ヤマガラ, エゾビタキ, コサメビタキ, ゴイサギ, カイツブリ

過ごし安い日になりました。午前中は晴れて空もきれいでした。


安城和牛のお店 花車さんの前の背の高い樹が花を咲かせています。
花の写真
多分ユーカリだと思います。
特に匂いは感じません。
花が高いところにあるので分からないだけかも知れませんが。

カンナ園では今年もいろいろなカンナが見られます。
花の写真 花の写真 花の写真
虫食いも何枚かあって、パターンの違いが面白いです。

鉄砲山に、メジロシジュウカラの混群が来ていました。
ヤマガラの群れと一緒になったり離れたりしながら賑やかに飛び回っていました。
じっと待っていると、2メートルほどの距離まで近づいてきてくれることもあります。
ラブリー感満載です。

淡墨桜の池には、エゾビタキが来ていました。
コサメビタキもいました。
コサメビタキはグラスウォークでも見かけました。

ゴイサギが40羽ほどの集団で鉄砲山の上を旋回していました。
いったん数羽が山の上の樹に降り立ちましたが、また飛び立って半場川のほうへ流れていきました。
飛んでいる時のシルエットが映画「千と千尋の神隠し」に登場する湯婆婆(ゆばーば)に似ていてコワいです。
その上、体の大きな鳥なので、たくさんいるとさらに迫力がでます。

カイツブリは今日も元気に潜っていました。・・・醸造人

2010年9月30日(木) カワセミの羽根, 杉の樹と鳥たち, ガガブタ, パラグアイオニバス, スッポン

雨の一日。気温が下がりました。


先日、鉄砲山に渡る橋の上でカワセミの羽根を拾いました。
背中の羽だと思います。
羽根の写真
先のほうがとてもきれいなカワセミブルーです。
でも、裏側と根元の方はダークグレーです。
そして、根元の際は白い綿毛のようになっています。
どうしてこのような色合いになるのか不思議ですね。

デンビールのレストラン、ホレ・フェストの入口の脇に杉の仲間の樹があります。
樹の写真
この樹、鳥たちに人気があります。
夏の間はスズメやヒヨドリがよく来ますし、近頃はヤマガラがしょっちゅう訪れています。
昨日はキビタキのカップルも来ていました。
もう少しすると、メジロやシメ、カワラヒワと言った鳥たちも来るはずです。
この樹は東ゲートまでフェンス沿いにも植えられていますが、鳥たちの通路になっているようです。
食べ物を探しながら、ついでに人目を避けながら、移動していくのに便利なようです。

ホレ・フェストにお出での際はちょっと見上げてみてください。
ヤマガラの可愛い姿が見られるかもしれません。

ホレ・フェストの奥の園芸プラザの水瓶で、ガガブタの花が咲いています(名札はヒツジグサとなっていますが、ほとんどガガブタに占拠されているようです)。
花の写真
ガガブタとはおもしろい名前ですが,ガガは影の転訛で鏡の意味だそうです。ですから鏡の蓋ということになります。漢字では鏡蓋。日本の水草-ガガブタのページに書かれていました。
鏡蓋 (ガガブタ)のページに拠ると、学名 Nymphoides indica Nymphoides(ニンフォイデス)は、ギリシャ語の「Nymphaea(ヒツジグサ属)+ eidos(外観)」が語源。ヒツジグサ属に似ていることに由来。ということです。

このガガブタ、今、自生地がどんどん無くなってきているそうです。
私の住む町でも、今では一カ所しか残っていないという話を聞いたことがあります。
淋しい話ですね。

水のステージの横のパラグアイオニバスの花が開いていました。
花の写真
雨模様で薄暗かったからでしょうか。
このハスも近頃は子どもが乗れるハスということで知名度が上がってきていてご存知の方も多いようです。
「子どもが乗れるハスだ!」というような会話をよく耳にします。
でも、開いている花を実際に見る機会はあまりありません。
今日来園して花に気づいた人たちはちょっとラッキーだったのではないでしょうか。

水のステージを挟んだ反対側でスッポンの子どもを見つけました。
スッポンの写真
大人のスッポンは蓮の池で見かけることがありますが、子どもは初めて見ました。
子どもは可愛いですね、スッポンでも。・・・醸造人


[先月] [目次] [来月] [最新版]

地ビール工房&ホレフェスト

デンパークの中の地ビールレストラン。お料理と地ビールで楽しいひとときはいかがですか。

TEL : 0566-92-7755
www.kurokuwa-beer.com
E-mail:webeer@kurokuwa-beer.com

デンパークの花と花木

ビール工房周辺の見所紹介。

Flowers 旬なお花情報

Denpark Infomation(デンパークインフォメーション)から開花情報などを抜粋。

デンパーク最新情報

開花情報やイベントや展示会のお知らせ。

[Copyright© DEN BEER All Rights Reserved.]


安城産業文化公園デンパーク

デンパークの公式サイト。

TEL ; 0566-92-7110
http://denpark.jp/

交通アクセス(バスの時刻表)

デンパークに停車する安城市の循環バス(アンクルバス)の時刻表。

デンパークマップ

園内の案内図のページ。施設の説明つき。

デンパーク カレンダー

デンパークのカレンダー。開園日と休園日が一目で分かります。

デンパーク スタッフブログ

デンパークのスタッフさんたちのブログです。裏話など、要チェック情報満載です。

Akiary v.0.51