DEN blog

愛知県安城市の地ビール、デンビールの日記です。

安城産業文化公園デンパークで見つけたものをご紹介。ビールのお話も稀に…。

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版]


2011年10月1日(土) キンモクセイ

秋らしいさわやかなお天気。暑さがいきなり遠ざかったような感じです。


きのうの夕方からキンモクセイの花の香りがし始めました。
今日は、さらに香りが強くなっていました。
でもまだ、花の色は薄黄色です。

今年は少し早めの開花ですね。——しばらく、楽しませていただきます。・・・醸造人

2011年10月2日(日) 水を飲む蜘蛛

まずまずのお天気。涼しくなりました。


クモが水を飲んでいるところを見ました。
クモの写真
ヒメグモの仲間だと思います、名前は分かりませんが。
クモだって水くらい飲むだろう、と言われると返す言葉もありませんが、網を張る蜘蛛がわざわざ網を降りてまで水を飲むとは思っていませんでした。——食料となる虫からすべてを賄っていると思い込んでいました。

見つけたのは、デンビールの屋外冷蔵庫の壁です。
このクモの巣の近くの水道で手を洗って、ピッピッとふり払った滴が巣を支える壁にかかりました。
すると、クモが網を移動して壁についた水滴に向かって走ってきました。
虫かなにかと勘違いしたのかと思ったのですが、そうではなかったようです。
滴に口をつけて吸っていました、2滴分も。——クモの網ではなく、壁についた水滴に反応しているので、虫のような動物ではないことは判っていたと思います。

よほど喉が渇いていたのでしょうか。——それとも、実はちょくちょく飲んでいるのでしょうか、私が気がつかないだけで。・・・醸造人

2011年10月3日(月) 

良いお天気。風が強く、場所によっては寒いくらいでした。


久しぶりに幻日を見ました。
幻日の写真
虹のように色が分解していて、きれいでした。
反対側には出ていませんでした。——ちなみに、赤色の方に太陽があります。

昼間は巻雲がきれいでした。——秋ですねぇ。・・・醸造人

2011年10月5日(水) 渡り鳥たち、いつもの鳥たち。花と雫。

雨の一日。寒くなりました。


キビタキの雄、コサメビタキオオルリの雌など、渡りの途中のお客さんはまだ逗留してくれています。

カイツブリカルガモヒヨドリキジバトなど、いつもの鳥たちも元気でした。——特にカルガモは増えてきています。——冬が近づいてきているということでしょうか。

ススキの穂イタドリの花など、水滴がついてとてもきれいでした。——写真を撮るには暗かったかもしれませんが。・・・醸造人

2011年10月6日(木) スッポン

良いお天気。気温が高くなりました。風も強くなりました。


蓮の池の水辺でスッポンが日向ボッコをしていました。
大きな個体でした。——昨日の寒さで急に冷えてしまった体を温めていたのでしょうか。・・・醸造人

2011年10月7日(金) コスモス, ヤナギバヒマワリ 'ゴールデンピラミッド'

良いお天気。カラッとした風が吹き、さわやかな日になりました。


クラブハウスの前の花壇でコスモスがきれいに咲いています。
花の写真
一足早く、見頃を迎えています。——デンパークのお出での際は、ぜひ、クラブハウスまで足を伸ばしてみてください。

グラスウォークで、ヤナギバヒマワリ 'ゴールデンピラミッド' (Helianthus salicifolius 'Golden Pyramid')がきれいな花を咲かせています。
花の写真
ちょっと、コスモスに似ていますね。——北アメリカの植物だそうです。——ヤナギバヒマワリ(柳葉向日葵)のページに書いてありました。・・・醸造人

2011年10月8日(土) ハスの花托、渡り鳥たち

良いお天気。風が弱まり、さらにさわやかな日になりました。


蓮の池のかど、藤棚の通路の南端の横、にハスの花托がたまっています。
花托の写真
変な風景だと思います。——おもしろい景色と言っても良いかもしれません。

きのうは、コサメビタキを1羽、ちらりと見ただけでした。——ときどきそんな日があります。
今日はオオルリコサメビタキセンダイムシクイなどの渡り鳥たちがしっかり見られました。——風が強く吹かなかったからでしょうか。・・・醸造人

2011年10月9日(日) ホルトノキ

昨日と同じような良いお天気。


ホルトノキを見つけました。
花の写真
はじめて名前を知りました。——これまで、いつも前を通っていたのに。

常緑で特段変わったところがないので、注意を引かれなかったようです。

愛知県のレッドデータあいち2009 > 分類群で調べる > 分類群-維管束植物 > のページから234 ホルトノキを見ると、愛知県に野生の樹はあまり多くないようです。——愛知県では少し寒いようです。

でも、植栽木や逸出個体は多いようです。
阿奈志神社のホルトノキ(あなしじんじゃのほるとのき)は有名どころのようです。
名古屋の栄の久屋大通や東山公園のスカイタワーのそばにもあるそうです。

出かけた先でホルトノキを探してみる、というのもおもしろいかもしれませんね。・・・醸造人

2011年10月10日(月) IMALU LIVE in DENPARK, キビタキも

今日も良いお天気。気温は高めだったでしょうか。


今日は歌手のIMALUさんが来ていました。——IMALU Official Website
ギターの人と二人だけの演奏は格好良かったです。
できたての新曲も披露してくださったりして、不思議なお得感もありました。

そのステージの横で、キビタキの雌が楽しそうに飛び跳ねていました。——2羽か3羽で。

雄の歌声にうるさい彼女たちもIMALUさんの歌声がお気に召したのでしょうか。・・・醸造人

2011年10月12日(水) 新酵母 1

まだ、良いお天気。


裸の王様を仕込みました。
今日から新しい酵母です。
酵母の写真
上の写真の中の米粒のようなものが酵母です。
1個のものや2個つながったものが見えます。——小さなこぶのようなものがついているのは出芽中の細胞です。

さて、明日はどうなっているでしょうか。・・・醸造人

2011年10月13日(木) 色づくカボチャと新酵母 2

曇り空の一日。時々パラパラと雨が落ちました。


クラブハウスの前のカボチャが黄色くなってきました。
トピアリーの写真

およそひと月前の9月14日はまだ緑色でした。
トピアリーの写真

食べごろはいつなのでしょうか。

ところで、昨日紹介した酵母は元気いっぱいに増殖しています。
酵母の写真
枝分かれしながら長い鎖のように繋がっています。
芽胞もまだ見られますね。——元気いっぱいで何よりです。・・・醸造人

2011年10月14日(金) オオルリ, コサメビタキと新酵母 3

3時くらいまでは時々ぱらつきながらも曇り空。そのあとしっかり雨。気持ちよいくらい天気予報通り。


今日はオオルリの雄が見れました。——青い背中がとてもきれいでした。
雌もいました。——舌打ちのような声で鳴いていました。

コサメビタキでしょうか、小型の鳥もいました。

酵母はまだまだ元気いっぱいです。
酵母の写真
細胞数も増えて、長い鎖がごちゃごちゃしてきています。
芽胞は見えなくなりました。・・・醸造人

2011年10月15日(土) 鳥たち, 新酵母 4

雨の一日。


オオルリたちはまだいてくれます。

今日は蓮の池にコガモも来ていました。——川向こうにはたくさん来ていますが、デンパークで見たのは今シーズン初です。

久しぶりにトビを見ました。——鉄砲山上空をゆっくり飛びすぎていきました。

冬の鳥たちが集まってき始めたようです。

発酵はほとんど終わりです。
酵母もまったりしてきています。
酵母の写真
昨日とほとんど同じ様子です。・・・醸造人

2011年10月16日(日) 新酵母 5

良いお天気でした。


酵母が集まり始めています。
酵母の写真
もう彼らの食料はほとんどありません。
きっと今は、脂肪をためて耐久型の体づくりに励んでいるのではないでしょうか。・・・醸造人

2011年10月17日(月) コノフィツム, 新酵母 6

今日も良いお天気でした。屋内より外が気持ちよい日になりました。


大温室でコノフィツムが花を咲かせていました。
花の写真
きれいですねぇ。

今日の酵母の写真です。
酵母の写真
少し張りがなくなってきたような気がします。
もう少ししたら、温度を下げて眠らせてあげようと思っています。・・・醸造人

2011年10月19日(水) タイリクアリグモ, シラホシコゲチャハエトリ, 新酵母 8

今日も気持ちの良いお天気になりました。


鉄砲山で、タイリクアリグモを見かけました。——たぶん、雄です。
アリグモの写真
この蜘蛛、日本のクモ (文一総合出版)に拠ると、平地から山地まで分布するが、個体数は少ない。クモだそうです。
ちょっと珍しいクモのようです。——デンパーク、侮れませんね。

アリグモはハエトリグモの仲間です。——徘徊性で、腹部を固定したまま頭胸部だけをある程度自由に動かせると言うことですね。
でも、歩き方は全くハエトリグモらしくありません。
その名の通り、まるでアリのようにあちらにうろうろ、こちらにうろうろと歩き回っていました。——いきなりピョンっと飛びそうな雰囲気がありません。——クルックルッと、その場で瞬間的に向きを変えたりもしません。
見かけた瞬間は、何のアリだろう、と思ったほどです。——でも、時々お尻の先端で地面にタッチします。
もしやと思って虫眼鏡でよく見ると、大きな上顎が見えますし、脚が8本あります。——蜘蛛で間違いありません。——はじめて見るアリグモに興奮して、思わず「おお」と声を出してしまいました。

デンビールの事務所の裏で、シラホシコゲチャハエトリを見ました。——雄です。
ハエトリグモの写真
この蜘蛛はそれほど珍しい種類ではないようです。——でも、私は初めて見ました。
前掲の日本のクモ (文一総合出版)に拠ると、海岸や河口の河川敷から市街地の空き地、山地の川原まで広く分布する。クモだそうです。

ただ、とても小さいので、気がつくことがほとんどないのではないでしょうか。
頭の先からお尻の先までが3ミリメートルほどしかありません。——しかも、こちらは結構跳ねますので、すぐに見失ってしまいそうです。

どちらも、またいつか会いたい蜘蛛です。

ところで、今日の酵母の写真です。
酵母の写真
短い鎖が増えてきています。
今朝、温度を下げてあげました。——おやすみなさい。・・・醸造人

2011年10月20日(木) 香りの良い花とカメたち

まだまだ気持ちの良いお天気が続いています。


園内、所々でグミの花が咲いています。
花の写真
近くを通ると花の香りがしてきます。——匂いをたよりに探してみるのもおもしろいと思います。

しばらく前から、ギンモクセイヒイラギモクセイもよい香りの花を咲かせています。
花の写真
フローラルプレイスの裏手のものは、樹が大きくて花も多いので、存分に香りが楽しめます。——ただ、北風が吹くと香りが園の外に流れてしまいますが。

東ゲートから続くフェンス沿いにもヒイラギモクセイが植えられています。——こちらも良い香りがしています。

ところで、昨日は蓮の池でスッポンを見ました。
水面に顔を出して日向ボッコをしていたようです。——陽気が良かったですからね。
スッポンの写真
ミシシッピアカミミガメもたくさん顔を出していました。——彼らは相変わらず元気です。・・・醸造人

2011年10月21日(金) シイの実

曇りがちの1日。


シイの実が落ち始めています。
ツブラジイの実の写真
スダジイツブラジイもあります。

先日、小学生が大勢来ていました。——校外学習でしょうか。——ドングリや落葉を集めながら、鉄砲山を走り回っていました。
先生とおぼしき人にツブラジイの実を見せながら、「このドングリ、生でも食べられるんですよ。」などと知ったかぶっていたら、子どもさんたちが集まってきました。
その中の一人——女の子でした——が私の手の中のドングリを見て、「シイの実だ」と声を上げました。
今時の小学生で知っている子がいるとは驚きでした。——思わず、「そう、その通り!」と間の手を入れてしまいました。・・・醸造人

2011年10月22日(土) ジョウビタキ, マガモ

朝方は雨。予報とは異なり、早くから雨は上がりました。


ジョウビタキの雌が来ていました。——木陰のギボウシ園で見ました。
今年もようこそいらっしゃいました、ですね。——例年に比べてちょっと早めでしょうか。

数日前から、マガモも来ています。——蓮の池の奥の方にいます。
まだ、エクリプスモードなのでしょうか、頭が鮮やかな緑になっていません。——地味すぎてカルガモと区別がつかないかもしれません。・・・醸造人

2011年10月23日(日) ウバタマムシとハエトリグモたち

朝方通り雨が降りましたが、その後は良いお天気。暑いくらいの陽気になりました。


一昨日、鉄砲山でウバタマムシを見つけました。
タマムシの写真
かなり弱っているようでした。——前足がだらりと下に垂れ下がっていました。
ウバタマムシは成虫でも越冬するようですが、このタマムシはもう寿命なのでしょうか。
翌日同じ場所に行ってみましたが、姿が見えませんでした。——越冬のために移動していったのか、それとも死んでしまったのか。

ハエトリグモも見ました。
オスクロハエトリの雌とヤハズハエトリ(もしかするとオスクロハエトリ)の雌とアリグモ(もしかするとタイリクアリグモ)の雌です。

日本のクモ (文一総合出版)に拠ると、いずれの蜘蛛も出現期は6〜8月と書かれています。
もう10月ですが、どうしてしまったのでしょうか。

温暖化の影響?——それとも、新事実の発見でしょうか。・・・醸造人

2011年10月24日(月) デンパークの爬虫類、ほぼ勢揃い!

秋らしいきれいな青空でした。気温は高め、暑くなりました。


ミシシッピアカミミガメが日向ボッコをしていました。
ミシシッピアカミミガメの写真
脚を広げて、全身で陽射しを浴びていました。——一見くつろいでいるように見えます。
でも、警戒は怠りません。——近づくと、すぐに水に飛び込んでしまいます。
私が見ている間もこちらから目を離しませんでした。——おかげで、赤いほっぺがよく見えました。

スッポンも日向ボッコしていました。——中くらいのサイズの個体です。
スッポンの写真
隣にでっかいコイもいました。——鯉も陽射しを求めていたのでしょうか。
今年は、今日見たくらいのサイズの露出が多いように思います。——スッポンも確実に増殖中、ということなのでしょうか。——それとも、この個体だけは人見知りしない、ということでしょうか。

他にも、ヤマカガシアオダイショウ、それにニホントカゲの姿が見られました。

爬虫類のみんなさん、陽気に誘われたようですね。・・・醸造人

2011年10月26日(水) ハエトリグモたち

冷たい北風が吹き、寒くなりました。陽射しは暖かでした。


一昨日の月曜日には多くの爬虫類が出ていましたが、今日は全く姿を見ませんでした。——寒さのせいでしょうか。

一昨日は虫たちも出ていました。
アミメアリオオハリアリチョウトンボなど昆虫も元気でしたし、ハエトリグモの仲間も活発に歩き回っていました。
オスクロハエトリの立派なオスも久しぶりに見ました。
ハエトリグモの写真
若虫もいました。——雌でしょうか。
ハエトリグモの写真

気温の下がった、今日、アリもチョウもほとんど見ませんでした。——明らかにトーンダウンしています。
でも、ハエトリグモにはそんな様子はありません。——若いハエトリグモが3匹もいました。
そのうちの1匹はヤハズハエトリのオスの若虫のように見えました。
ハエトリグモの写真

蜘蛛たちは、寒さに結構強そうです。・・・醸造人

2011年10月27日(木) ホトトギス, ヤハズハエトリ, カワセミ

風が弱まり気持ちの良い陽気になりました。


鉄砲山でホトトギスの花が咲いているのを見つけました。
花の写真
いつ見てもおもしろい花です。——形も色も質感も。

ヤハズハエトリの若いオスがいました。
右の腕(第1脚)がありません。
昨日見た個体と同じくらいの大きさの個体でした。——昨日の個体が腕を失ったのでしょうか。——それとも、別の個体でしょうか。

久しぶりにカワセミの飛ぶ姿を見ました。——蓮の池からムーンライトウォークの方に向かって飛んでいきました。
いつ見てもかっこいいですね。・・・醸造人

2011年10月28日(金) 花、鳥、蜘蛛

昨日以上に良いお天気。屋内よりも外の方が気持ちよかったです。


藤棚の下の石垣で、ピンク色のかわいい花が咲いています。——丸くて薄い多肉植物のような質感の葉もおもしろいです。——名前はわかりません。
花の写真
濃い緑色のシダ類が繁茂する中にポツリポツリとピンクの花を咲かせていてきれいです。

今日もヤハズハエトリもしくはオスクロハエトリの若い雌がいました。
一昨日見たものより少しだけ大きかったように思います。
ここ数日間かなりいろいろな個体を見かけます。——もしかすると、相当数の個体がいるのかもしれません。

鉄砲山に、トラツグミが来ていました。
昨年も11月11日に見ています。
今年もしばらくいてくれると嬉しいですね。・・・醸造人

2011年10月29日(土) ヒバリ

今日もまだまだ良いお天気が続いています。


ここ数日、陽気のいい日にはヒバリのさえずりが聞かれます。

昨年も秋に聞いています。——一昨年の秋にも聞いています。

ヒバリのさえずりは一生懸命感が強いのであまり楽しそうに見えません。——でも、きっと楽しいのでしょう。——そうでなければ、あれほど力は入らないのではないでしょうか。・・・醸造人

2011年10月30日(日) イタチ

お昼少し前から雨がぱらつき始めました。


今日はハロウィンカーニバルが開催されていましたが、残念なお天気になってしまいました。
それでも、ハロウィンファッションをまとった人たちを大勢見かけました。

そんな中、イタチも園内を探索していたようです。
グラスウォークを横切るところを男の子に見つかったようで、——「あっ、イタチがいた!」「イタチって何?」「これくらいの動物だよ、ネズミみたいな。」「ぼく、捕まえたら飼いたいなぁ。」——というような会話が聞こえてきました。
でも、イタチは飼わない方がいいでしょうね。・・・醸造人

2011年10月31日(月) テナガハエトリグモ属(Mendoza)

雨も上がり暖かくなりました。風が強く吹きました。


今日も藤棚の下の柵でハエトリグモをたくさん見ました。——この時期でも暖かい日はいつも出ているようです。

オスクロハエトリのメスの幼体(ヤハズの可能性もあります)が2匹、ヤハズハエトリのオスの幼体が1匹、オスクロハエトリのメスの成体(ヤハズの可能性もあります)が1匹出ていました。

この蜘蛛たちウロウロするのが好きみたいで、いつも歩き回っています。
ですから、当然、お互いに接近することがあります。
でも、戦いになることはあまりないようです。
今日も5センチメートルくらいの距離まで接近していましたが、何事もなく分かれていきました。——一度など、大きなオスクロの雌とまだ小さなヤハズのオスが遭遇して、見ていた私の方が緊張してしまいましたが、何事もなく別れていきました。
彼らは非常に目がいいので、見えていないはずはありません。——実際、私のことはよく見えているようで、50センチメートルほどの距離から単眼鏡で覗くと目を合わせてきますし、さらに私の後ろ1メートルほどのところを人が通ると警戒してとっさに身を屈めたりもします。

彼らはただの殺し屋ではないようです。——見つけたものすべてに欲望のまま襲いかかるイタチのような貪婪さが感じられません。
テナガハエトリグモ属(Mendoza)としての矜持を持っているということなのかもしれません。

ところで、彼らが獲物を襲うところはなかなか見られません。
でも、今日はついにメスの幼体が緑色のアブラムシを食べているところを見ました。——捕らえるところは見れませんでしたが。
大顎でくわえたまま、いつものように歩き回っていました。——ちょうど、われわれが青リンゴなどをかじりながらお散歩するかのように。・・・醸造人


[先月] [目次] [来月] [最新版]

地ビール工房&ホレフェスト

デンパークの中の地ビールレストラン。お料理と地ビールで楽しいひとときはいかがですか。

TEL : 0566-92-7755
www.kurokuwa-beer.com
E-mail:webeer@kurokuwa-beer.com

デンパークの花と花木

ビール工房周辺の見所紹介。

Flowers 旬なお花情報

Denpark Infomation(デンパークインフォメーション)から開花情報などを抜粋。

デンパーク最新情報

開花情報やイベントや展示会のお知らせ。

[Copyright© DEN BEER All Rights Reserved.]


安城産業文化公園デンパーク

デンパークの公式サイト。

TEL ; 0566-92-7110
http://denpark.jp/

交通アクセス(バスの時刻表)

デンパークに停車する安城市の循環バス(アンクルバス)の時刻表。

デンパークマップ

園内の案内図のページ。施設の説明つき。

デンパーク カレンダー

デンパークのカレンダー。開園日と休園日が一目で分かります。

デンパーク スタッフブログ

デンパークのスタッフさんたちのブログです。裏話など、要チェック情報満載です。

Akiary v.0.51